前へ
次へ

不動産経営に多少成功したとしても

アパート経営をして不労所得を得られるようになったサラリーマンというのが脚光を浴びています。
実にうまくいっておりアパートをいくつも所有するということがあるわけですがそういう状況になってもサラリーマンとして働いているのであれば会社を辞めない方が良いでしょう。
基本的に投資の見通しというのはそんなに明確にするということはできないわけで、それはアパート経営にもいえることになります。
今後どうなるのかわからないという点においては天災リスクなどもあったりするわけですから、確実に給料がもらえるサラリーマンというのはちょっとした小さなアパートを経営することができてそれなりにうまくいっているとしてもやめない方が良いです。
不動産というのはかなり不安定なものでもありますので一度経営が安定したからといってサラリーマンであるのであればそれを辞めることはまつたくお勧めできないわけです。
アパート経営にもそれはいえることになります。

Page Top